願いを叶えたいときのパワーストーンの選び方は?

 

神秘的なパワーで、持ち主の様々な願いを叶えてくれるといわれる、パワーストーン。

プラスのエネルギーでマイナスエネルギーから持ち主を守り、運気を良い方向へと導いてくれます。

そのため本来の道筋がはっきりとし、恋愛成就、仕事の成功、金運アップや心の癒しなど、身に付けていればあなたの持つ様々な願いが叶うといわれています。

ここでは、どうすればより効果的に願いを叶えることができるかをご紹介します。

 

願いを叶えたいときのパワーストーンの選び方

パワーストーンは人間と同じようにひとつひとつに個性があり、それぞれ異なった気を発していると考えられています。

同じ種類の石でも、購入時期や購入場所によって微細にエネルギーが異なりますので、気になったタイミングに素直に従うことも大切です。

神経質になりすぎる必要はありませんが、石と自分自身が引き合う感覚を楽しみながら選びましょう。

<直感で選ぶ>

石を選ぶときには、あまり強い先入観を持たず、第一印象を信じて選ぶと良いでしょう。

石も持ち主を探しています。お互いの波長が合えば、ピンとくる石が見つかるはず。

可能なら実際に触れてみると、何らかのエネルギーを感じることができるかもしれません。通信販売などでも同様に、見た目や直感に任せて選ぶのもひとつの方法です。

<目的に合わせて選ぶ>

目的があって石を持つ場合、石の言い伝えなどから願い事に合った石を選ぶと良いでしょう。

ここで注意したい点は、効能だけに頼らず、石の見た目や直感を合わせてみるようにすることです。

石には、言葉で表現できていないエネルギーがある場合があります。おすすめは、石の言い伝えから選ぶ石と、目的や効果とは違うけれど自分が気になる石の両方を持つことです。

ブレスレットやネックレスなどのアクセサリーなら、数種類の石が組み合わせられていることも珍しくありません。

自分だけにわかる絶妙な組み合わせで、石を持ってみましょう。

 

身に着け方は?

叶えたい願いのある場合、心の中で願いを思いながら、その石に触れると良いでしょう。

アクセサリーとして身につける場合、装着時や外すときだけでも願いを思い浮かべるようにすると、アフォーメーションの効果も高まり、より効果的と考えられます。

ブレスレットなら、石のパワーを取り込みたいときは左手、石のパワーと自分の力を外に向けて発揮したいときには右手が良いという説があります。

普段は左手につけて双方の共鳴をはかり、ここ一番の勝負時には右手につけるなどでもいいですね。

ポケットなどに入れておいても、効果は同様に得られるかと思います。シチュエーションや気分に合わせ、心地良さをいちばんの指針として身につけましょう。

 

定期的な浄化を

願いを叶えるツールとして愛用するパワーストーンは、次第にあなたのエネルギーとの共鳴が図られるようになります。

あなたの内面の状態や、外部との接触などによって、石にも変化が見られる場合があるでしょう。

見た目にわかる場合、わからない場合と様々ですが、どちらにしてもあなたのために毎日働いてくれていることは確かです。何らかの方法で、定期的な浄化を心がけてあげましょう。

浄化方法は、セージでいぶす、水晶クラスターで休ませる、日光浴や月光浴、流水で洗うなどの方法があります。

石に負担をかけず、ご自身もお手軽に行える方法で浄化しましょう。

石に付着したマイナスエネルギーを祓い、願いを叶えるためのエネルギーチャージができるはずです。