厄除けや邪気払いに効果的なパワーストーンは?

 

最近なんだかツイていない、仕事や恋愛がうまくいかないなど、なんとなく運が悪いと感じたり、厄年の年回りや健康面で不安が生じたときなど、厄除けや運気好転のお守りが気になることがありますね。

神社でのお祓いやお守りのほかに、身近に持てるものとして、パワーストーンを使用したブレスレットやアクセサリーなどがあります。

パワーストーンの中には、邪気を祓ったり魔除けとしての効果すると伝えられる石がありますが、厄災避けや運気の流れを良くすると言われる石には、どのようなものがあるでしょうか。

今回は、厄年や邪気払いに有効とされるパワーストーンをご紹介しましょう。

 

魔除けとして儀式などに使用されてきた数々の石

 

 

天然石は古くから世界各地、様々な形で活用され、珍重されてきました。その歴史は長く、多くは石を「聖なる物」として考え、神の化身や霊的な存在として崇め奉っていたと言われています。

ラピスラズリは瑠璃の名で仏教の七宝の一つとされて大切にされてきた他、ギリシャやローマ、古代エジプトで神の代替品として扱われ、儀式や魔除けの呪術にも使われてきた歴史を持ちます。

オニキスは古代インドやペルシャなどで「悪霊から身を守る石」と言われ、邪気払いのお守りとして珍重されていたそうです。

日本では、縄文時代から矢じりに使われていたオブシディアンが、魔除けや占いの儀式に用いられてきたとのこと。

また戦いに赴く際の護符や、王族が魔除けのために身に付ける装飾品として、様々な石が活用されてきました。

文化や年代により多少の違いはあれど、天然石は世界各地で「邪」や「魔」から身を守るための物として考えられてきました。

現代でもその力は変わらず、あらゆる災難から持ち主を守ったり、願いを叶える力があると考える向きが多く存在します。

物理的な危険から回避したり、仕事の面や恋愛の面でのトラブルを解消したりといった、願いを叶えるツールとしても親しまれています。

 

厄払いに最適な石は?

それでは実際に、持ち主を災厄から守り、運気を整えてくれる効果がある石にはどのようなものがあるか、見ていきましょう。

 

マラカイト

 

古くから魔除けのお守りとして用いられてきたマラカイトは、邪気を跳ね返す強力な力を持つと言われています。

悪霊的な存在を払い、悪意を持って近づいてくる人を跳ね除けてくれるでしょう。身代わりになってくれる石であり、持ち主に危険が迫ると砕けて知らせてくれるとも言われています。

ヒーリング効果も優れているので、心身ともに安定した状態を保つことができるはず。

お守りとして持つ時は、すべてを見通して厄災を避ける「目」の効果が発揮しやすいよう、模様がハッキリとしているものを選ぶと良いでしょう。

 

【スモーキークォーツ】

 

浄化の力が強い水晶類の中でも、特に破邪の効果が高いと言われている石です。

古くはケルト民族の中で、悪霊払いとしても使われていた歴史を持ちます。

スモーキークォーツは持ち主を他人の悪意や霊的な存在から守る、護符としての効果が高いといわれている石です。

また、大地との繋がりを深めてくれる石でもあるため、精神面から来るネガティブなパワーを減らし、不安や恐怖を取り去ってくれる効果も期待できます。精神を安定させ、穏やかな気持ちで日々を過ごせるように働きかけてくれる、頼もしい石のひとつです。

 

【翡翠】


穏やかながら強力な護符として珍重され、東洋をはじめ日本でも縄文時代から勾玉として使われてきた歴史を持つ翡翠。

持ち主を災難や危険などから守り、身の安全を確立してくれると伝えれています。

どちらかというと物理的な危機から守ることに長けており、翡翠を身に付けていた人から、飛行機事故や火事現場から生還できたという話も聞かれています。

持ち主に冷静さと忍耐力を与えるため、危険を回避する判断力を持つことができるでしょう。健康長寿や不老不死、幸福のお守りとしてもよく知られ、年長者や家族への贈り物とする習慣も根付いています。

 

【オニキス】


邪気払いに効果のある石の中でも強力なパワーが感じられる石です。

邪気、邪念、悪霊、悪意などあらゆるマイナスパワーを跳ね除け、持ち主を守ってくれるでしょう。

力が大きいため、原石の状態で家に置いておくと、持ち主だけでなく家全体を守ってくれるとも言われています。不要なものを排除し、新しい物事を呼び込むスペースを整えてくれるこの石は、幸運を呼ぶサポートをしてくれるはず。安心して暮らしていきたい人の強い味方になってくれるでしょう。

 

厄払いのお守りとして身につけよう

 

人は誰しも他人や地場の影響を受けています。時にはそれが災難となって降りかかてくるように見えることもあるでしょう。

厄年やトラブルに思えることは誰にでも起こりうることですが、パワーストーンなど心の安定をもたらすお守りを身近に持つことで悪い影響を跳ね返し、状況を好転させることもできるかもしれません。

石の選び方としては、実際に石を手に取り、自分と同調できそうな相性の良い石を選ぶと良いでしょう。

また、家族や親族などに厄年の方がいる場合、贈り物としてもおすすめです。大切な人を守ってくれるよう、無病息災の願いを込めて選びましょう。