Kaneana Cave (カーネアナ洞窟)再生のエネルギー/オアフ島のパワースポット

Kaneana Cave (カーネアナ洞窟)とは

オアフの西部、マカハビーチの先をさらに西進し、ファーリントン・ハイウェイ(Farrington Hwy,)沿い道路左側、Kaena Point(カエナ・ポイント)の手前のカネアナ・ステートパーク(Kaeana State Park)に、このKaneana Cave (カーネアナ洞窟)はあります。まず道路の左側に、「KANEANA」と彫られた白い石碑が見えます。あまり目立たないので、つい行き過ぎてしまいそうになります。その反対側(道路を挟んで)にこの洞窟はあります。この石碑の横には、KA’ENA POINT State Park –MAKUA SECTION(カエナ・ポイント・ハワイ州立公園)のサインも見えてきます。

この洞窟は、15万年も前から、海水による自然な侵食によって出来たそうです。かなり大きくて、高さは11m、幅は6mで、奥行きは150mほどだそうで、ひんやりしていて涼しいけれど、声は響くし、真っ暗だし、訪れた人で、感じる人にはやはりビリビリのエネルギーを感じるのだそうです。ただ洞窟内は、整備されているわけでもなく、自然のままのようで、滑ったり、転んだりするので、気をつけて下さい。ひんやりとした冷気の匂いは、スピリッチュアルな空気でいっぱいです。懐中電灯などを用意した方がいいかもです。

ここでは、古代ハワイアン達による儀式や神事が行われたそうです。それだけスピリッチュアルで神聖な場所なのです。ですので、反対に、観光客がずんずん入り込まないようにあまり管理をせず、あえてこのままにしてあるのかも?と思うほどです。

洞窟の中はひんやりとしていて、『再生のエネルギー』を得られ、この洞窟は魂の通り道と言われているそうです。新しいことを始めたい時、今までとは違う自分に再生したい時、この洞窟を訪れて祈り、瞑想を巡らせば、再生のエネルギーを得られるのだそうです。何やら、ハワイアンの伝説では、人類はここから誕生したと信じられている子宮のような場所だそうです。

その場所からは山の頂上にサテライト追跡用のドームが見え、その麓にヨコハマベイも見えます。洞窟は石碑と道路を挟んで反対側少し戻ったところにあります。洞窟の入り口は結構広いですが、奥行きは100ヤードぐらいしかありません。古代ハワイアンがサメの神を祀っていたという伝説があり、パワースポットらしいです。

 

Kaneana Cave (カーネアナ洞窟)の伝説

Kaena Caveとは、ハワイ語で”神の洞窟”の意味だそうで、このKaneana Cave (カーネアナ洞窟)には、様々な伝説があるそうです。そのハワイの伝説では、“ナナウエ”というサメの神様が住んでいたと言われ、立入禁止だったそうです。その他の説には、あのハワイアンの妖精たち“メネフネ”が住んでいるとも言われています。どちらかと言うと、サメ男よりも、可愛らしい妖精の方がいいんですけれど…..。

“ナナウエ”は、サメの神『カモホアリイ』(火の女神ペレの兄)とカレイという人間の女性の間に生まれたサメと人間のハーフでした。「サメ男」だった“ナナウエ”は、生まれた時には背中にサメの口が有り、ぱっくりと割れていたそうです。なのでいつもマントを着けて背中を隠し、カモフラージュしていたのですが、カレイは『カモホアリイ』がサメの神であることを知らずに結婚し、“ナナウエ”を生んだそうです。彼が生まれた時、その姿を見て驚愕したそうです。『カモホアリイ』は、カレイを見初めた時に、自らの超力を使い人間の男に姿を変えていたので、まさかそんな事になるとは、カレイは想像も出来なかったでしょう。

「決して肉を食べさせては行けない」と伝えて、『カモホアリイ』は海に戻ってしまったのですが、とうとう成長した“ナナウエ”は、肉を食べてしまいます。そうやってサメ男に戻った“ナナウエ”は、とうとう村人たちを襲い始めるのですが、結局は海に逃げ戻り、その後退治されてしまったという話です。

 

Kaneana Cave (カーネアナ洞窟)行き方

場所はFarrington Hwy, Waianae, HI 96792

※H1の終点からファーリントン・ハイウェイ(Farrington Hwy,)が終わるまでの所にあります。

KA’ENA POINT State Park –MAKUA SECTION(カエナ・ポイント・ハワイ州立公園)のサインが見えてきますが、この場所は行き止まりになっていて、小さなパーキングになっています。そこに車をパーキング出来ます。

カネアナビーチの海の色は、目が痛いほどの紺碧で、少し他のビーチの海の色とは違います。是非このKaneana Cave (カーネアナ洞窟)を訪れた後、この紺碧のビーチで楽しんで下さい。洞窟に入る前と後にお祈りを忘れないことと、洞窟内では何も手に触れず、騒がないように心がけて下さい。Good Luck!!