サマーパレス夏の離宮「カニアカププ」と、ヌアヌ・パリ展望台/オアフ島のパワースポット

 

カメハメハ大王ハワイ統一の戦地ヌアヌ・パリ

ハワイの観光スポットで有名な、ヌアヌ・パリ展望台(Nuuanu Pali Look out)は、コオラウ山脈にある峠の、標高914mの断崖絶壁の風の強い場所に在ります。ワイキキから車で約30分で、PaliハイウェイからNuuanu Pali Dr.を登っていった所に在ります。Paliハイウェイはカイルアへ抜けることができるので、ホノルル⇔カイルア両方から訪れる事が出来ます。

ここで1795年、オアフ島の軍隊と、ハワイ島から侵略してきたカメハメハ大王の軍隊が戦ったのだそうですが、追い詰められたオアフ島の軍隊が、この断崖絶壁から次々に飛び降りたと言われています。その後カメハメハ大王がハワイ諸島を統一したという歴史的な場所です。

そういった戦地であった歴史的なスポットではありますが、この展望台は強風の貿易風が1年中吹き荒れることで有名で、カネオヘやカイルア、天気の良い日は、ノースショアまで見渡せるほどの絶景ポイントで、オアフ島の観光スポットとして、世界中の国から観光客が訪れています。

「ヌアヌ」とは、ハワイ語で“涼しい”という意味で、「パリ」とは“高台”という意味だそうで、『涼しい高台』という意味になるのだそうです。

 

 

「エマ王妃が沐浴した滝」

このひんやりとしたヌアヌの森林で、森林浴をし、傷を癒やす。この場所は、ヌアヌ・パリ・ドライブのハイウェイの途中にある水道局の建物(Board of Water Supplyのサインのある所)から少し入った所にある竹やぶへの入り口から歩いて入っていきます。入り口にはサインらしいサインはありませんが、右手に竹やぶが見えますので、この涼し気な竹やぶの大気のミストを浴びながら、心身ともに浄化して、奥へ10分ほど進みますと、爽やかな革のせせらぎが聞こえてきて、心を癒してくれます。

多分ハワイアン達が、自然の滝の岩を少し細工して手を加えたかのような、ルアカハ滝という滝が現れます。小さな滝の流れがいくつも重なっているのは、そのような外観に造られた(?)のでしょう。水の流れは穏やかです。このあたりは、「エマ王妃が沐浴した滝」と言われています。エマ王妃とは、カメハメハ4世の王妃だったそうです。水遊びをするにはもってこいの緩やかな滝が幾つか折り重なっていて、しかもひんやりと涼しい、本当に素敵な場所です。エマ王妃のお気に入りの場所だったんですね。

『カニアカププ(Kaniakapupu)』とは?

このルアカハ滝をもう少し上に進むと、カメハメハ3世の夏の離宮(Summer Palace)の史跡『カニアカププ(Kaniakapupu)』が現れてきます。

さて、先程戦地と申しましたが、「ヌアヌ」とは、ハワイ語で“涼しい”という意味で、ハワイ王族たちの避暑地として愛されていました。ヌアヌ・パリ展望台は、有名な観光スポットですが、ヌアヌ・パリ近くにある、カメハメハ3世の夏の離宮(Summer Palace)の史跡『カニアカププ(Kaniakapupu)』も有名なスピリッチュアル・エリアです。

この涼しい『カニアカププ(Kaniakapupu)』が、カメハメハ大王などの王族たちの夏の避暑地であったのですが、この辺り一帯はもともと薬草を使った治療が施されていたヘイアウで、人々の癒しと治療の地であった、と言われています。

1845年、カメハメハ3世は、この聖なる避暑地に、このサマーパレス・夏の離宮(Summer Palace)を建設しました。ここでは、祭事やイベントなどが行われましたが、カメハメハ3世は、戦いで傷ついた兵士たちをここで休ませたとも言われています。やはりこの辺一体は、そういった癒しのパワーが溢れた場所なのでしょう…。リカバーできるパワーが宿っているのですね。

夏の離宮(Summer Palace)付近には、ヘイアウが有り、農耕の神「ロノ」を奉った場所であると言われています。そこで傷ついた兵士たちは、医療を司る「カフナ」から、薬草による治療を施されたそうです。ヌアヌの森には、薬草が生息し、しかもこの森の大気を含んだ薬草が、兵士たちの心をも癒したのだと思われます。

サマーパレス・夏の離宮は、石でできています。西洋の影響を受けた石の建物で、カメハメハ大王は、海外からの来賓や、大切なお客様を招き、盛大な宴会「ルアウ」を開いたのだそうです。ただもう今は、その面影もなく、その名残だけが石碑に記されています。昔、『カニアカププ(Kaniakapupu)』では貝がとれたそうで、カニアカププの名前は、”陸貝の歌”という意味だそうです。今はどうなのでしょうか。

心と身体の傷を癒やす。ヌアヌの森を訪れて森林浴をエンジョイして下さい。サマーパレス・夏の離宮(Summer Palace)『カニアカププ(Kaniakapupu)』までは、初心者でも歩きこなせるハイキングトレイルとして、ローカルンに人気です。今でもハワイアンの方々のお供え物が飾られたりしていますので、入退出には必ず敬意を表して訪れてみて下さい。

   

願いごとから選ぶ

カテゴリーから選ぶ