〜春の魔法〜3月の花とパワーストーンで明るい出会いがみつかるかも?!


3月は春の訪れを感じる季節であり、さまざまな花が咲き誇る時期です。この季節に咲く花々にはそれぞれの意味や特性があります。同様に、パワーストーンにもそれぞれの特性があり、身につけることで様々な効果を期待することができます。今回は、3月の花と相性の良いパワーストーンについて探ってみましょう。

3月の花

3月の花として代表的なものには、桜や菜の花などがあります。桜は日本を代表する花であり、春の訪れや新しい始まりを象徴する花として親しまれています。菜の花もまた、春の訪れを告げる黄色い花であり、明るい季節の到来を感じさせてくれます。これらの花々は、希望や幸せ、新たなスタートなどの意味を持っています。

3月の花と相性の良いパワーストーン

チューリップとアメジスト

  • 豆知識:チューリップは、オランダが有名ですが、実はトルコがチューリップの原産地とされています。17世紀にオランダで「チューリップ・バブル」と呼ばれる狂乱的なチューリップの価格上昇が起こったことでも知られています。
  • パワーストーンとの関連:アメジストは知性や洗練された癒しの力を象徴し、心を落ち着かせる助けとなります。チューリップの美しさとアメジストの穏やかなエネルギーが結びつき、内なる美しさを引き出してくれるでしょう。

➤アメジストを使用した商品はこちら

桜とローズクォーツ

  • 豆知識:桜は日本だけでなく世界中で愛されていますが、日本の桜の中でも特に有名な種類に「ソメイヨシノ」があります。一般的には淡いピンク色ですが、白い桜もあります。
  • パワーストーンとの関連:ローズクォーツは、愛情や癒しの力を象徴し、心を優しく満たしてくれるとされています。桜の美しさとローズクォーツの愛に満ちたエネルギーが調和し、心を癒してくれるでしょう。

➤ ローズクォーツを使用した商品はこちら

菜の花とシトリン

  • 豆知識:菜の花は、春に黄色い花を咲かせる植物の総称であり、代表的なものにはラップの原料としても知られるナタネがあります。
  • パワーストーンとの関連:シトリンは太陽のエネルギーを象徴し、活力や豊かさをもたらすとされています。菜の花の明るさとシトリンの活力が結びつき、ポジティブなエネルギーを引き出してくれるでしょう。

➤ シトリンを使用した商品はこちら

花とパワーストーンの活用方法

花瓶や飾りに取り入れる

家やオフィスのインテリアに、3月の花を活けたり飾ったりすることで、その美しさやエネルギーを楽しむことができます。同時に、パワーストーンを飾りや花瓶の周りに配置することで、空間全体にポジティブなエネルギーを広げることができます。

クリスタルウォーターを作る

パワーストーンを使ってクリスタルウォーターを作ることで、その石のエネルギーを水に取り込むことができます。また、3月の花の花びらを水に浮かべることで、水にその花のエネルギーを移すこともできます。

セルフケアに取り入れる

バスタイムやマッサージの際に、パワーストーンを活用してセルフケアを行うことで、心と身体のリフレッシュを図ることができます。アメジストやラピスラズリを使った入浴剤やマッサージオイルを用いることで、心身のバランスを整える効果を高めることができます。

まとめ

3月の花である桜や菜の花は、新たな始まりや希望、幸せなどの象徴とされています。同様に、ローズクォーツやアメジストといったパワーストーンも、希望や調和、平穏などの意味を持ち、心身のバランスを整える助けとなります。この3月には、花とパワーストーンを組み合わせて、新たなスタートを切るためのサポートを受けてみてはいかがでしょうか。

この記事をSNSでシェア!