Pohakuloa(ポハクロア)安産祈願のバースストーン/オアフ島のパワースポット

Pohakuloa(ポハクロア)のバースストーンとは

ハワイのパワースポットで、バースストーンで有名なのは、オアフ島の中心部、ワヒアワ(Wahiawa)にある「クカニロコ・バースストーン(Kakaniloko Birth Stone)」ですが、ワイキキから近い、プナホウ・ストリートにあるプナホウ・スクールの正面にある正門の前に、実はもうひとつ、バースストーンと呼ばれる石があります。

このPohakuloa(ポハクロア)のバースストーンは、産まれてくる子供が「健康で無事に生まれてくるように」「知恵と力を授かった賢者であるように」といった、「安産祈願」、「子宝祈願」を願う、ハワイアン達の祈願のストーンです。出産を迎える母親も、生まれてくる子供も、そしてまたそれを迎える家族一家にも、その代々の家系、子孫まで、祝福と栄華、健康と知恵と力、を授かるように、賢者の子孫を授かれるようにと、願いを込めて祈るストーンです。

なので、賢い、健康な子が授かるようにと、今では『子授かり石(バースストーン)』として、ワヒアワ(Wahiawa)にある「クカニロコ・バースストーン(Kakaniloko Birth Stone)」とともに、よく知られていて、大変有名で、今ではハワイ・オアフ島では「子宝」「子授かり」に大変ご利益があると人気のパワースポットです。「クカニロコ・バースストーン(Kakaniloko Birth Stone)」の石のうちの人るだと言われているそうですがわかりません。

 

Pohakuloa(ポハクロア)のバースストーンの歴史

Pohakuloa(ポハクロア)とはハワイ語で、「長い石」という意味だそうで、最初はマノア渓谷の山の中にあったそうで、別名「賢者の石」と呼ばれるそうで、今のプナホウ・スクール(Punahou School)の正面に置かれたのも納得、という気がします。ハワイ語で、「長い石」という意味からもわかるように、長方形に近い形をしたこのストーンは、最初は、19世紀の半ばに、カメハメハ3世により、マノア渓谷の山中からその当時の日本領事館の敷地内、庭園に移されたそうです。そして、その後は、このプナホウ・スクール(Punahou Schol)の正面、正門前に移されたそうです。プナホウ・スクール(Punahou Schol)の拡張工事の時に、ここに移動されたのですが、その縦長の石の上に、「Punahou Schol」のサインが施されたのですが、うーん…..、流石にこのサインはいかがなものかと…..思いますが、いずれにしてもこのストーンのパワーはびくともしないでしょう

古代ハワイアンの王族にとっても、バースストーンは大変大切なMana(マナ)のパワーでした。賢者の子供を授かることは、は王族女性達の願いでした。もちろん出産する母親達も無事に出産を終えるためにも、欠かせない祈祷のアイティムでした。出産の痛みや苦しみを和らげ、

しかしそれらは、王族たちだけのものであり、ハワイアンの庶民たちは、一切立ち入ることができす、その場所に立ち入ると処刑されるという、Kapu(カブ)-英語ではTabu(タブー)-入り禁止の聖地でありました。

バースストーンの岩には、こんな霊力(mana)があると信じられていたんですね。それにしても、このKapu(カブ)制度、日本でも世界でも、歴史的に通ってきた道なんですね….。

 

Pohakuloa(ポハクロア)のバースストーンの場所は…

先程このPohakuloa(ポハクロア)のバースストーンの現在ある場所は、プナホウ・スクール(Punahou Schol)の正門前に置かれていると申しましたが、このプナホウ・スクール(Punahou Schol)は、アメリカのバラク・オバマ前大統領の出身校でもあり、女子プロゴルファーで有名な、ミッシェル・ウィーも通った学校で知られています。タレントのすみれさんもここの卒業生ですね….。ホノルルではハワイを代表する2大私立校の一つとして有名で、イオラニ・スクール(Iolani School)と並ぶ有名な私立校で、1841年に創立された、キンダーガーテン~ハイスクールまでの一貫教育で有名な私立名門校です。今では日本の芸能人や著名人のお子さんも受験する位の人気校ですね。

そのプナホウ・スクール(Punahou Schol)の場所は、1601 Punahou Street, Honolulu, HI 96822

プナホウ・スクールの正門前にあります。

【TheBusの場合】
※ワイキキからの行き方: クヒオ・アベニューから4番バスに乗車。『ワイルダーアベニュー・プナホウストリート』のアナウンスで降車。所要時間約2~30分。

※アラモアナショッピングセンターからの行き方: The Bus(ザ・バス)5、18番で約15分です。

【レンタカーの場合】

ワイキキからですと、カラカウア通り⇒サウス・キング通り⇒プナホウ通りで左折、Wilder Ave (ワイルダー・アベニュー)とPunahou Street( プナホウ・ストリート)のちょうど交差点にあります。

パーキングや駐車場はありません。