マカプウ・ヘイアウ(Makapu’u Heiau)/東オアフのパワースポット

ヘイアウ(Heiau)とは

古代ハワイアンたちにとって、ヘイアウは神に祈りを捧げる神殿のような聖域でした。

主に岩を並べたり積み上げたりした上に、木造の神殿で建設されました。神殿ですので、いろいろな行事が行われ、その場所々々によって、行事の方向性が異なっていたようです。

カメハメハ大王が、ハワイ王国を統一した後、カメハメハⅡ世がKapu(カプ)を廃止し、ヘイアウは使用されなくなりました。Kapu(カプ)とは、ハワイ王族とカフナ(地位の高い僧侶)達が作った法律のようなもので、ハワイアンの人たちにとっては、あらゆる禁止事項が社会秩序とされ、守らなくてはならない厳しいルールでした。

『Kapu!(カプ)』=禁止! ヘイアウにこの文字があれば、王族とカフナ以外は『立ち入り禁止!』という事なので、気をつけましょう。

 

 

マカプウ・ヘイアウ

マカプウ・ヘイアウ(Makapu’u Heiauは、東オアフのマカプウ岬の近く、ちょうどシーライフ・パークの向かいの海側にに在ります。マカプウ・ヘイアウ越しに、遠くラビットアイランドやタートルアイランドも見え、この光景の画像は、きっと一回はご覧になったかと思います。ここはシーズン中、ホエールウォッチングに最適な場所で有名です。

さて、ヘイアウにはいろいろな目的に応じて行事が行われていたと先に申しましたが、マカプウ・ヘイアウは、海に向かって造られています。漁に出るハワイアン達の無事を祈り、大漁を祈る為のヘイアウだと言われています。ヘイアウの中には、男性の神と女性の神がそれぞれ祀られていて、男性の神は大漁と豊漁を、女性の神は航海の無事と安全を見守っているのだそうです。いつの世も、男は海を目指し、女は家庭を守り男たちの無事を祈る….という事でしょうか。

 

マカプウ・ヒーリングプール

マカプウ・ヘイアウの下の入江に、マカプウ・ヒーリングプール(Makapu’u Healing Poolと呼ばれるパワースポットがあります。入江の浅い岩場に幾つかの小さな海水の水たまりがこのPool(プール)です。古代ハワイアンたちは、このプールで足を浸し、心身ともに病気の治療を行ったと言われています。心に病を抱えた人も、身体に病を抱えた人も、癒しや浄化を求めて訪れるヘイアウです。

まずは海水にそっと足をかざしてみて下さい。日常のストレスで傷ついた、心も身体も癒やされていくような、不思議な感覚に陥ります。ここ周辺の海水の成分が、周辺の島の溶岩から成り、大自然の浄化のエネルギーを分けて貰える、大切な浄化の場所、いわゆる「パワースポット」となったのでしょうか。

そんな意味で、マカプウ・ヒーリングプールは、癒しの聖地として有名だそうです。

ハワイアン達の誰もが、ここの潮水が心身ともに浄化して癒してくれると、身をもって感じてきたのだという事が伝わってきます。ネガティブな感情で心身のバランスを崩した時に、訪れ浄化したのだそうです。

ヒーリングプールは、いわゆる天然の、自然の露天風呂のような感覚ですが、温泉ではありませんし、暖かくもありません。ただ、あまりにも絶景の水平線が見える景色を見ながら、このプールに浸かっていると、たしかに癒やされる(ヒーリング/Healing)、穏やかな気持になります。

 

パワースポットを訪れる前に…  

パワースポットを訪れる際の注意点は、いつもと同じく、触ったり、動かしたり、持ち帰ったりしてはなりません。ヘイアウに入る前には、必ず心の中で祈りを捧げ、敬意を払うようにしましょう。霊力・パワーが強い石だと思って、つい持って帰りたくなる人もいるそうですが、それが、『Kapu!(カプ)』=禁止!』です。ハワイアンの人々は、カプに背いて刑に処される人もいたそうです。

ヘイアウには、祈りを捧げるために、捧げ物がされたとあります。今でもハワイアンの人々は、ヘイアウに足を運び、フラワーレイや捧げ物を置いたりして祈りを捧げていきます。そういった捧げ物などには、一切触れないようにして下さい。

 

マカプウ・ヘイアウ(Makapu’u Heiau行き方

車では30分位、ワイキキからはH1のフリーウェイを東にひたすら走ります。フリーウェイは自然に終わり、カラニアナオレ・ハイウェイ(Kalanianaole Highwayは続きます。ひたすら真っすぐ走って下さい。海が見えてきます。ハナウマベイを過ぎ、ハワイカイ・ゴルフコースを過ぎたら、マカプウ岬が見えてきます。左にシーライフパークが見えてきたら、その海側に、マカプウ・ヘイアウ(Makapu’u Heiauと、マカプウ・ヒーリングプール(Makapu’u Healing Poolは在ります。

ザ・バスで行くとワイキキから約小1時間ほどかかります。とにかくシーラーフパークまで目指して下さい。22番と23番。トロリーバスでいくのも良いでしょう。

 

マカプウヒーリングプールをはじめ、オアフ島のパワースポットをイメージしたブレスレットはこちら